肌に正しいケアを

左右する

トータルケアと集中ケア

エイジングサインの代表でもあるのがほうれい線です。 若い女性の絵にほうれい線を落書きしてみると一気に老けた印象になるように、見た目年齢を大きく左右してしまします。 そもそもほうれい線ができてしまうのは、たるみが主な原因になっています。 頬や口元がたるむことにより、皮下脂肪や皮膚が下へと垂れ下がり、溝ができてしまうのが原因です。 つまり、ほうれい線を改善していくには、たるみを改善していくのが早道です。 減少したコラーゲンを増やしながら、肌を乾燥させないケアをしていくのが大切です。 コラーゲンを増やす成分が配合された化粧品を使って、トータル的なたるみケアをするのが良いでしょう。 それと同時にほうれい線専用の化粧品も出ていますから、集中ケアとして用いると効果的です。

美容成分レチノールについて

しわやたるみ、毛穴の開きなど、様々な年齢肌の悩みを改善してくれる美容成分がレチノールです。 多くの化粧品に配合されていて、エイジングケアには大きな役目を果たしてくれます。 レチノールの効果の中でも一番すごいのが、繊維芽細胞の活動をアップしてくれるという点です。 繊維芽細胞というのはコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどを生み出している細胞で、年齢と共に働きが弱くなってきます。 これを活性化させることで幅広いエイジングケア効果を得ることができて、肌の悩みを改善しやすくなります。 肌のハリや弾力を作り出してるコラーゲンなどを増やすことができるので、肌の土台からケアしていくことができます。 年齢肌に悩んでいるなら、レチノール配合化粧品で効果的にケアしていくのが良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加